パートナー

FM38のパートナーとして事業立ち上げから運営まで
サポート頂いている団体様をご紹介します。

カタールフレンド基金 (QFF)

カタールフレンド基金は、2012年1月に設立された、東日本大震災の被災地復興を支援するカタール国の基金です。FM38の事業のためにおよそ1億6千万円の助成金をくださっています。その支援で建てられたいけす施設には『アル フルザ』というアラビア語の名前を命名していただきました。カタール国の元首のシェイク・ハマド・ビン・ハリーファ・アール・サーニ首長殿下が設立し、ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使が議長を務めています。東日本大震災の復興に向けた歩みを、被災地と共に手を携えながら進めていく友でありたい、というカタール国の願いと意志が込められています。

公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO/ニッコー)

京都発の国際協力NGO。1979年設立、35年以上の歴史があります。現在、マラウイ、ケニア、パレスチナ、ヨルダン、シリア、イラン、アフガニスタン、ミャンマー、フィリピン、日本(東北と滋賀県)の10カ国で活動しています。東日本大震災においては、震災直後から岩手県陸前高田市、宮城県気仙沼市、名取市を中心に支援活動を実施してきました。FM38の本事業に関しては、発案当初から共に試行錯誤をしてきたパートナーです。今後もマーケティング、や商品開発など、共に取り組んでいく予定です。

一般社団法人 全日本・食学会

日本の料理の発展を目指し、全国の有名シェフらが参画する団体です。FM38ではAJFAのシェフと一緒に商品開発に取り組んでいます。また、ブランディングやマーケティングの面でも助言を頂いてい ます。

スローフード気仙沼

2003年に日本で初めて「気仙沼スローフード」都市宣言を行った気仙沼市。食を中心とした街づくりをめざし、市民と行政が一体となって活動しています。FM38とも協力し、商品開発やイベントを行っていきます。

PAGETOP